hr techによって業務の無駄をみつける

hr techの導入を考える【分析することで見えてくること】

hr techによって業務の無駄をみつける

レディ

企業にとって大切な要素いろいろ

企業が成長していくためには利益を生み出すことが必要です。そのためには設備や開発に投資をすることは欠かせません。また、優秀な人材を獲得したり、社内の人材教育を行うことも大切になります。多様な要素を考えていかなければ成長は実現できないのです。

実はモチベーションが大切なんです

企業の成長を促すのに実は最も重要になるのがモチベーションの向上です。企業活動を支えているのは社員であり、社員全員が高いモチベーションを持って仕事に取り組むようになるだけで自然な形で企業が成長するようになります。

モチベーションが上がらない状況とは

多くの企業では社員のモチベーションが上がらない状況が生まれています。過酷な仕事に従事しても目に見える形で評価されないのはよく嘆かれていることです。また、企業としての目標に社員が心から合意できない状況がモチベーションを低下させていることもあります。

モチベーションのない状態で仕事をすると?

社員がモチベーションのないまま仕事をしていると二つの問題が発生します。業務効率の低下とともにミスの発生が多くなって業務の質が大幅に低下するのが深刻な問題です。また、社員がストレスを抱えてしまって離職する可能性が高くなります。

コンサルを活用しよう!

モチベーションの高さを維持できるように経営を行うには客観的な見地からアドバイスをくれるコンサルを活用するのが効果的です。hr techの導入によって効率化を行う管理体制を合わせて導入するとモチベーションを維持しやすくなります。

喜びの声いっぱい!コンサルを利用した企業の口コミ

コンサルを利用して正解でした

経営状態について悩んでいましたが、コンサルタント会社に相談してhr techによる分析を依頼しました。その結果、業務の改善に成功することができましたので、お願いした甲斐がありました。

効率性で言えば hr tech 以上はあり得ないのではないか?

いまや経済動向は目まぐるしいスピードで動き、また終身雇用などという言葉は耳遠くなってきています。そんななか人事部としても、即座に適材を各部署に配置できるようなスピーディな動きが求められています。ですが採用までに時間とコストはかかるし、だからと言って人事部自体の組織拡充はあり得ません。そこでわが社ではhrコンサルティングによる人事のアウトソーシング化に目をつけ、人事業務の効率化を図りました。最後はやはり面接が必要ではありますが、データベースによるスキルの数値化で今まで煩雑だった選定作業がなくなりました。ここまで効率的に人事業務ができるのは、もはやhr tech無しでは考えられないと思っています。

人事制度改革でコンサルを利用しました

私は数年前、役員から指示を受け人事制度改革に取り組みましたが、その時に、とあるコンサルタントに大変お世話になりました。一言に「人事制度改革」と言っても、実は幅が広く、何から手をつけてよいのやら途方に暮れていたのですが、さすがプロのコンサルタントは様々なツールとノウハウを持っていました。改革に取り組む理由を役員に聴取するところから始まり、hrtechなどAIを用いた分析から、着手すべき切り口を提案してくれます。あとはそれまでに人事部で培った知識を総動員して、これを膨らませていく作業となり、非常にスムーズに改革を進めることができました。その時はプロの技というのは本当にすごいものだなと感心しました。

専門のコンサルタント会社に相談した甲斐がありました

人事や営業など経営に関することで悩んでいました。そこで、hr techについて詳しい知識を持つ専門のコンサルタント会社に相談したところ、冷静な分析をしてもらえましたから本当に助かりました。利益率アップに繋がりましたから、依頼して良かったです。

人事の無駄な業務を大幅カット!!業務時間がかなり短縮されて助かりました!

hr techの導入をしたことで、書類選考にかかっていた余分な時間(明らかに弊社の業務内容に適さない経歴の方やそもそも募集条件を満たしていない応募者の書類まで目を通す)を大幅にカットすることができました。これにより、有効な候補者に割ける時間をより多く取ることができ、結果として採用率も上がってきております。業務の効率化がいかに大切か思い知りました。