良い保育園の特徴を把握して大学内保育で活かそう

質の良い大学内保育を目指すなら優良保育園を真似てみる

独自の保育プログラムに注目

大学内保育は大学の敷地内に設置された保育園で、主に学生や講師が利用しています。一般的な保育園より利用者層が明確なので、学生や講師が使いやすいサービスを展開しているケースが多いです。保育園を決める時は独自の保育プログラミに注目すると、選びやすいかもしれません。

法人向けの優良保育園がこだわっているポイント

最大のこだわりポイントは開所時間と閉所時間!

法人向けの優良保育園は忙しい人でも利用しやすいように、保育時間にこだわっている所が多いです。仕事に合わせて柔軟に対応してくれるので、使い勝手が良いです。

利用できる対象年齢が幅広い?

運営時間だけではなく、対象年齢が幅広いことも柔軟なサービスの1つです。また、子供達が異年齢交流を行いやすい環境作りにも繋がるため、メリットが豊富に存在します。

経験豊富な女性職員が多い!

安心して子供を預けられるように、子育て経験のある女性職員が多くなっています。法人向け保育園は職員数が少ない傾向にありますが、実績豊富な人が多いので安全性が高いです。

外で遊ぶ機会を豊富に設けています

企業内に設置するため、実は独自の園庭を所持しているケースが少ないです。しかし、園庭がないからこそ、周辺の公園でたくさん遊んでいます。実は一般的な保育園以上に外で遊んでいるので、心身共に健康的な子供になるでしょう。

保護者参加型イベントが豊富!

忙しい日常生活の中でも保護者と子供が接する機会を設けるために、保護者参加型のイベントを頻繁に開催しています。また、参加できなかった人向けに、ブログで情報を発信している保育園も多く見られます。

良い保育園の特徴を把握して大学内保育で活かそう

託児所

過信は禁物?保育園選びで気をつけること

保育園を選ぶ時はインターネットの情報を過信せず、見学によって自分の目で現状を確かめることが大切です。園児や職員の様子だけではなく、玩具やセキュリティなど保育園の設備もチェックする点に注意してください。子供達が自由に遊んでいる時間は最も保育園のナチュラルな雰囲気が分かるので、活動時間に合わせて見学することがコツです。

近場にするか遠方にするか?保育園の立地をチェック

また、保育園の立地を確認して、通いやすさをチェックすることも大切です。駅からの近さは勿論ですが、沿線まで確認する必要があります。主要駅と繋がっている場合はアクセスしやすいため、良い判断材料となるでしょう。